煉瓦の洞遺跡・段間遺跡

施設名称

煉瓦の洞遺跡・段間遺跡

概要

煉瓦の洞
わが国最古の耐火煉瓦工場跡。

幕末、韮山代官江川英龍は、韮山(伊豆の国市)に反射炉(鉄の溶鉱炉)を建設するにあたり、耐火煉瓦の原料に、この遺跡近くで採取した白土を使いました。

その後明治の始めに明治政府が耐火煉瓦をここで製造しました。七滝温泉街を抜け沼之川橋を渡り、1つ目の分かれ道を左折し、橋を渡り林道を上ること約700m右側に案内板があります。

右側に下る道を進むこと約100mで煉瓦の洞遺跡に到着します。

所在地/静岡県賀茂郡河津町梨本地区

 

段間遺跡
大正14年、河津町立東小学校の校舎を建設するときに発見されました。

発掘調査で、縄文時代早期末から中期後葉にかけての集落が発見されています。

現在東小学校内に展示室があり、平日ならば見学することが出来ます。

所在地/静岡県賀茂郡河津町見高1032

施設・駐車場

煉瓦の洞

無料

 

段間遺跡
河津町立東小学校駐車場
※段間遺跡については見学する際、事前に下記の連絡先にお問い合わせください。

連絡先・URL

河津町教育委員会
 TEL 0558-34-1117

PageTop