海の幸・山の幸

施設名称

海の幸・山の幸

概要

わさび
わさびは自然環境に非常に敏感で水が汚れるとすぐに腐ってしまいます。天城のきれいな水はわさび栽培に適しているため、最上質わさびの特産地として知られています。平成30年3月「静岡水わさびの伝統栽培」が、世界農業遺産に認定されました。また、河津町はいまや「わさび丼の聖地」として有名になり、”ツンうま”や”ツンあま”などのキャッチフレーズで次々と泣けるグルメが誕生しています。そして、泣けるグルメの1つ「あんバタわさこ」が2015年の全国ふるさとグランプリで準グランプリを受賞し、わさびを使ったグルメが人気を集めています。
泣けるグルメは河津駅や観光交流館、泣かせ隊食堂等で販売していますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

ズガ二
ズガ二とはモクズガニをさします。ズガニは秋から冬にかけて産卵シーズンを迎え、内子や味噌がたっぷり入ります。河津町にはそんなズガ二を使った料理を楽しむお店があります。

 

ブルーベリー
河津の特産品の1つとなっています。夏の期間「河津ブルーベリーの里」「河津見高入谷ブルーベリー観光農園」にて、ブルーベリーの食べ放題が開催されております。
くわしくは河津ブルーベリーの里(TEL 0558-35-7371)・河津見高入谷ブルーベリー観光農園(TEL 0558-34-0341)まで。

 


河津川では、鮎のつかみ取り体験や鮎の稚魚放流などの事業を行っています。
また、県の鮎友釣り競技選手権大会や鮎釣りフェスティバルの会場としても使われ、多くの人々が鮎を釣りに集まる川です。

 

ニューサマーオレンジ
河津の特産品の1つとなっています。果肉がやわらかで果汁が多く、初夏を代表する果物。
くわしくは伊豆太陽農協農産物加工直売所(TEL 0558-36-8148)へお問い合わせください。

 

【わさびグルメの紹介】
 わさび丼
 あんバタわさこ
 鮎泣きそば
 泣きべそ餅
 河津泣きめし
 わさ夏3兄弟(わさモヒート(長男)、わさシェイク(次男)、なき氷(三男))

 わさびロール

連絡先・URL

(一社)河津町観光協会
 TEL 0558-32-0290

 

河津七滝観光センター
 TEL 0558-36-8263

PageTop